生活者主権の会

清郷伸人    【目次】 


(第230号)患者申出療養から見える国民皆保険の問題点

(第224号)電子技術という怪物―人工知能による人間社会の変容

(第223号)医師不足問題に関する一考察

(第219号)未来に向かって―次世代の医療を守るために

(第219号)患者申出療養を難治患者の希望の灯に

(第216号)だまされた難治患者たち―患者申出療養制度の欺瞞

(第215号)戦争と人間―獣性という難問

(第211号)理想的な医療事故の調査・検証

(第208号)国民皆保険は誰のためか―時代の曲り角

(第208号)国民皆保険は誰のためか―医療の質の問題

(第207号)国民皆保険は誰のためか―医業という仕組み

(第206号)患者個人が見た患者申出療養制度の本質

(第203号)保険外併用療養費制度では解決しない

(第201号)私が裁判に敗れた理由―不正義の訴訟指揮

(第200号)国民性から解く保険外併用療養費制度

(第199号)混合診療の本質は患者の治療選択権

(第195号) 『官僚国家vsがん患者―患者本位の医療制度を求めて』の紹介

(第189号)最高裁判決を受けて−人権後進国・日本

(第188号)医療保険行政における違法性と違憲性

(第187号)昭和・平成を貫く官僚主導国家の罪

(第185号)国民皆保険は誰のためか−平等という幻想

(第182号)臨床研究における混合診療の問題

(第181号)医療保険制度に求められる公共

(第180号)公的医療受給権についてのその後の考察

(第177号)民有国営医療に未来はあるか

(2009年12月号) 健康保険受給権は公的医療受給権である

(2009年11月号) 公的医療受給権の否定−控訴審判決

(2009年07月号) 第8回高裁審理-意見陳述にて結審

(2009年07月号) 控訴審最終弁論被控訴人の意見

(2009年01月号) 民主国家日本の安全保障

(2008年10月号) 21世紀日本の世代革命−若者による価値転換

(2008年09月号) 第3回高裁審理−控訴審の争点は何か(裁判ドキュメント−8)

(2008年08月号) 国籍法違憲裁判の意味するもの−混合診療裁判への暗示

(2008年07月号) 宮本文雄氏の「陣中日誌」について

(2008年07月号・付録) 「宮本文雄・陣中日誌」

(2008年05月号) 権力と人間−裁判から見えるもの

(2008年04月号) 第2回高裁審理−非公開の準備手順(裁判ドキュメント−7)

(2008年04月号) 控訴審始まる−混合診療裁判の行方(裁判ドキュメント−6)

(2008年02月号) 外からの眼−あるパースペクティブ